2017年11月30日木曜日

390/250CUP 最終戦 SPA直入

年間5戦のレースイベント、390/250CUPも先週の11/26(日)に最終戦、大分県SPA直入で開催されました。

今回は関東勢からの多数の参戦ということでKTM川崎中央さんと協力し車両や荷物の配送など行いました。



3トントラックに8台積み(何故か沢山のエントリーの関東勢)。スタンドや工具等の必要な持ち物はWaveFactory&KTM川崎中央のイケてるハイエースに積み込み。行きは東京有明から九州へフェリー移動はトラックとハイエースだけ。皆様は飛行機で移動しギアバッグにヘルメットやツナギを持っての、まるでレーシングライダーのような旅が始まりました(笑)そしてスタッフ組は九州に到着するフェリーに合わせ飛行機で移動後、港で車をピックアップ。


中野組は先入りしていたので初日の宿泊は大分市内で。時間もありましたので市内をプラプラと、、、しかし九州はとても食事が美味しいですね、、きっと私は太って帰ったと思います。。。


レース日前日は練習走行、関東組は全員がSPA直入が初めての走行。ラインが全くわからない。。。皆さんもコース上で迷子になっていたようですね、、、


オートポリスの看板が「九州に来たな!!」と気を引き締めてくれます!!


コースの見晴らしもとてもよく、気持ちよいコースレイアウトに見えるのですが。。。


いよいよレース当日です。いつものオレンジテントがズラッと並びます。

今回、一緒に行動したKTM川崎中央さんのピット。
KTM福岡さんのピット。皆さん和気あいあいな雰囲気でした!(^^)!

KTM大分さんも参戦。東京ではKTMのテクニカルトレーニングを一緒にさせていただきました。


レースはジートライブ&KTM中野、戸田選手の優勝!(^^)!



リザルトはこちら、、我らチームは戸田選手の他は、惨敗。。。。
フェリーの時間があるのでレース後は大分港~神戸港に出発するフェリーにトラックで移動なので慌てて8台を積み込み!


なんとか間に合いました。大分港です。空港も港も、何故かテンション上がります。

もうここまで来れば19:00発のフェリーの出発待ち。トラックをフェリーに乗せ


フェリー内のバイキングで祝勝会&反省会!(^^)!料理もとてもおいしかったです。

満腹の後はシャワーやお風呂ですっきりし、部屋で飲みながら映画鑑賞。さすがに遠征&レースなので疲れはもちろんあったようで、気が付けば爆睡。

目が覚めると、、、


爽やかな朝は神戸港。ここからは東京まで運転です。でもスッキリ寝れたので高速道路ドライブも問題なく帰着。

飛行機で往復されて参戦されたお客様組
行きは飛行機で帰りはハイエースでの自走組
行きは飛行機で帰りは大分~神戸間のフェリーの後自走トラック組

今回の移動方法は様々でしたが各々のお仕事の都合など調整できたかと思います!(^^)!

最終戦は僕的にはレースは残念な結果でしたがレースバイク8台をトラック移動、皆さんは飛行機移動の為、遠征にも関わらず、月曜日には普通に出勤できたはず。

そんな遠足のようなレース遠征は、もちろん楽しめました。

390/250CUPは筑波、岡山、もてぎ、筑波、SPA直入の合計5戦。全戦は参加できませんでしたが地元筑波は良いリザルトが残せましたし、SPA直入も楽しい遠征になりました。

レースの楽しさは勿論ですがアウェーの初コースの難しさ、地元筑波の走りなれたコースの優位差、シリーズ戦らしい経験ができました。

今年18年ぶりのレース参戦はあっという間に終わってしまいましたが、来年に向けて、皆様と楽しく遊べるよう準備をしていきたいと思います。

今年一緒に遊んでくれた皆様ありがとうございました!!そして来年RCやDUKEで遊びを目論んでいる方々、是非是非ご一緒に楽しみましょう!!!

nyunoya




















2017年11月2日木曜日

390/250CUPでストッククラスはどうですか?

いよいよ390/250CUPも11/26(日)大分県SPA直入で最終戦を迎えます。

関東からの参戦の方だと「遠いなぁ。。。」や「いろいろなコースを走れて楽しいなぁ」ご興味のある方は色々お考えの事と思います。

回を重ねるごとにお問い合わせやエントリー台数も増えており9/9に開催された筑波ラウンドではフルグリッドになりました。


上記リザルトをよ~く見ていただけると解りますが390/250CUPの中でも
○390カスタム
○390ストック
○250カスタム
○250ストック
と細かく4クラスに別れての混走レースになっています。
当店はサスペンション専門ショップ「ジートライブ」さんとコラボチームということもあり、、、

同じグラフィックやジートライブさんお取り扱いのbitubo(ビチューボ)サスペンション装着車がズラリと並ぶ390カスタムクラスが多いピットとなってます。
390カスタムクラス向けに車両製作すると乗りやすいマシンになっていきライディングポジションなども含めオーナー様に乗りやすいマシンに仕上げていけることが楽しみでもあると思います。

ただコストパフォーマンスや街乗りもしている車両で390CUPを走ってみたい!!とお考えの方は390/250ストッククラスがオススメです。

モデルチェンジしたNEW390DUKEの390CUP参戦の方も多数いらっしゃいました。サスペンションが前モデルに比べ、かなり改良されていてポテンシャルも高くなりました。この車両は全くのノーマルです。ストッククラスのメリットは改造範囲が厳しく、マフラーもノーマルじゃないとダメ、ステップもノーマル、もちろんエンジンやサスペンションもノーマルというルールな為、「ストッククラス」という名の通り、ストック状態で参戦できるクラスです。普段、街乗りしている車両でそのまま390/250CUPにエントリーも可能ですし、終わったらまた普段の街乗りを楽しむ。コストもかからない遊びができるのもメリットではないでしょうか?

2017 RC390も細かい改良点があり戦闘力の上がった車両と思います。こちらもストッククラス仕様で走らせてみたいですね!タイヤのマッチング等考えるだけで楽しくなってしまいますね!(^^)!


な~んて考えていると気持ちも盛り上がってきて作ってみました。RC390ストック仕様です。アンダーカウルやシングルシートには変えてしまいましたがステップやマフラー、サスペンションもノーマルな完全ストック仕様です。

来年390/250CUPに参戦したいな~とお考えの方もいらっしゃるかと思います。もちろんカスタムクラスも楽しいですが、まずはストッククラスから始めても面白いのではないでしょうか?

色々な楽しみ方があるKTM390/250 CUP。来年ご一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?!

nyuoya