2017年7月8日土曜日

RC390 レースベース車製作記③


2017MODEL 250DUKEと1290SUPERDUKE R。

手前から1090ADVENTURE R、1290SUPERADVENTURE S、この写真ではわかりにくいですが690ENDURO R、150XC-W。オンオフ問わずなラインナップはさすがKTMですね!!

NEWMODELも入荷が始まり390DUKEも入荷してきます。人気車種達なので今月も大忙しになりますね!!ご予約のお客様、楽しみにお待ちくださいね♪


先日の定休日にはツインリンクもてぎでスポーツ走行に行ってきました。2台あるのは私とジートライブ戸田選手。師匠をお誘いして稽古つけてもらいました!(^^)!
もう今年の390CUPもてぎ戦はないのですが、個人的に、あまり走ったことがないコースですし車両開発においてもストレートが長いので得るものも沢山あるので好んでもてぎを走っています。もてぎ走るのは3回目だったのですがコースレイアウトの癖もようやく解り始め走っていて楽しくなってきましたよ♪

さてさて本題です。


RC390レースベース車製作記の最終回になります。

もうほぼ完成で細かい所を調整していく作業です。


エキゾーストは「スーパービルドマキシマム」製品です。一緒に開発を手伝ってくれ、先程のもてぎのストレートでも抜群の伸びを魅せてくれました。何種類もテストしたので大変でしたが、本当に良い製品を作っていただいたスーパービルドさんに感謝です!(^^)!
音量があるのでレース専用商品ですのでご了承下さいませ。



タイヤチョイスは悩ましい所です。今回のユーザー様はビッグバイクでもブリジストンスリックタイヤ愛用者でもあるのでブリジストンRS10をチョイス。ブリジストンならではの安定したグリップはもちろんロングライフなので長く使用できるのも特徴です。

レース参戦も視野に入れているのでレギュレーションに対応させるためキャッチタンクも取り付け。このあたりの作業は意外と面倒です(汗

完全レースユースなので左ハンドルスイッチも取り外し。フロントフォークもbituboのインナーカートリッジ。プリロードや圧側、伸び側減衰も変えられちゃうところが憎いですね(笑)


いよいよ最終調整。PCを繋いで燃料調整可能なサブコン「ラピッドバイク」のセットアップです。PCで確認しながらアクセル全開時にしっかり100%開いているかセットアップしていきます。


オートバイ整備も本当にPCを使用しての作業が増えました。


ラピッドバイクと連動しているクイックシフターの調整です。これもマニュアル通り調整していきます。こちらは自動学習機能の新製品。細かい部品ですが本当にありがたいパーツですよね!!


後はアンダーカウルを装着して完成です。先程ご紹介したスーパービルドマキシマム エキゾーストは下出しのレイアウトなのでアンダーカウルも普段のPOWERPARTSのものでは対応できない為、加工が必要になります。まずは慣らしですのでこのままでOK。さてさて、ここでスタートライン。しっかり走らせてお好みのセットアップに仕上げていくのが楽しみですね!(^^)!9月の390CUPの筑波も今から楽しみです!!

nyunoya





















0 件のコメント:

コメントを投稿